FC2ブログ

沖縄県でも放射性物資検出 約4万ベクレル

まき・灰からセシウム 飲食3店で指標値超え
【沖縄タイムス:2012/02/08】



【写真】県のセシウム測定を受けた福島県産のまき=7日午後、那覇港近くのコンテナ


 県は7日、福島県産のまきを本島内の4飲食店がすでに使用し、うち1店舗では未使用のまきからは最大で、国の指標値40ベクレル(1キログラム当たり)の約11倍に当たる468ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。別の店では、使用後の灰からも最大で指標値8000ベクレルの約5倍に当たる3万9960ベクレルを検出。県は「消費者、従業員とも健康に影響が出る量ではない」としている。


 一方、まきを県内に出荷した岐阜県の流通業者代表は「高圧洗浄し、本巣市の検査も通っているので、大丈夫だと思った」と話し、問題を指摘されたまきは早急に回収するという。


 福島県産まきを取り扱っていた飲食店は窯焼きピザを提供するレストラン3店舗と沖縄そば店。レストラン2店舗のまきと使用後の灰から指標値を超えるセシウムが検出された。


 一方、沖縄そば店は、セシウムが検出されたレストランから、使用後の灰を譲り受け、麺を製造。一部はすでに客へ提供していた。県の検査では、客へ提供する前の麺から258ベクレル(指標値500ベクレル)、灰1260〜8060ベクレルが検出された。灰を調べた3検体のうち、一つで指標値を超えた。


 残りのレストラン1店舗と配送業者は測定中で、2〜3日後に検査結果を公表する。


 県は、まきを使用して調理した場合、放射性セシウムが食品に付着する量は2%以下との国の指針を示し、「(まきから検出された)最大値の468ベクレルでも、食品には9ベクレル程度しか付着せず、この食品を摂取しても健康被害は出ない」と強調。調理する従業員についても常にまきの側にいるわけでなく、放射線を浴びる時間が短いことなどから影響はないとしている。


 福島県産のまきは、岐阜県の流通業者が昨年11月に15・7トンを県内に出荷。8・4トンをレストランに販売した。残り7・3トンは那覇港近くのコンテナに保管している。レストランで保管している未使用のまきは0・7トンで、県内の配送業者が回収し、コンテナで保管している分と合わせて、8日に大阪経由で福島に送り返す。(記事終わり)



記事リンク
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-02-08_29578/?utm_source=API&utm_medium=twitter


 


 流通による放射性物質の拡散は、以前より懸念されておりましたがとうとう沖縄県でも確認されました。


 以前、流通過程での検査体制や出荷時の検査体制で、大至急対応を取るように国会の委員会で訴えいていた東大の先生がおられましたが、政府のお粗末な対応のために、危惧されていたことが日本全国各地に広がりました。




 何だかもう、政府も地方自治体も諦めムードです。



 危機に直面し、その危機に真正面から向き合う姿勢が無い状況は、単なる平和ボケではなく、人間として生きるための本質を完全に見失っているようにしか思えません。



誰かがやってくれるだろう


このままでも大丈夫だろう



という、安易な考えが蔓延している状況は、俗に言う「心低具現症候群」という重病に侵されているに他なりません。


これでは、中国やロシアが日本に対してプレッシャーをかける以前に、内から日本という国家が崩壊して仕舞います。世界の歴史を見ると、滅亡した多くの国が他国の侵略よりも内側からの崩壊によって、国の滅亡を迎えております。



放射性物質の拡散は国内だけでなく、海外でもその影響が出るのも時間の問題かもしれません。

こんな状況を生んでいる原発事故が、もう終息したなんて言った政府の発表の責任の無さにあきれてものも言えません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR