FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知ってびっくり! 日本の歴史?

歴史というほど古くはないのですが、今30代後半から40代の人達(私もその年代です)は、学校教育で以下のような教育を受けてきたようです。


櫻井よし子著書 「日本の危機」で


【60年代から70年代にかけて教師が子供達に教えたのは、「反権力、自由、人権、校長と文部省、そして国は敵」ということだった】


と記されています。


「国は敵」という教育がどこまで行われたか私にはわかりませんが、国を誇れるというような教えはありませんでした。自分の国を否定するという意識がありました。


何も分からないから学校に行くわけで、学校で間違ったことを教えたらそのまま間違ったまま育ってしまいます。


そんな意識は、皆さんもお持ちではないでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今はその教育を受けた方々が教育している訳ですから……

これは、多分の話ですが、
外国にはそう言った偏見があると思いますが、
国内ではそう考える人は少なくなっている気がします。

『好戦的国家』というイメージを植え付けられた世代はだいたい40代以上の方々で、それより若い世代はむしろ、『平和ボケ』『事なかれ主義』が蔓延しているように感じます。我関せず……と。

ヌラヌラ~~~としてますよ、若者達は。
学校教育をそのまま鵜呑みにしていく程の素直さはないですよ。『自分第一主義』とでも言いましょうか……。
例えばこーゆー事です。
『学校教育では多々嘘を教えてるんだよ。』
「へぇ~そーだったんですかぁ~。困っちゃいますねぇ~(笑)」
『国民一人頭0000万円の借金があるんだよ。』
「えぇ~~~。そんなの無理ですよぉ~~(ムリムリ)」
と暖簾に腕押し。
逆ににもっと、自分の生活を脅かされるような事を言うと、反応をしめす訳です。
『大体、一月の家賃が00万円で1DKのこの辺に住め、また月々00万稼がないとそんな生活は出来ないんだぞ。でも、そんな稼げる仕事はないぞ。』
「そうなんですよ、だから何かあった時の為に貯金をした方がいいんですよ!」

正直、事態は本で書かれている事よりも深刻な所にあると感じています。

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。