FC2ブログ

中国も日本の将来を心配してます!

あるサイトでこんな記事を見つけました。


【悲壮!日本の若者はなぜ「国に対する誇り」を感じなくなったのか?】



 2009年9月8日、華字紙・日本新華僑報は「日本の若者はなぜ国に対する誇りを感じなくなってしまったのか?」と題した記事で、疲弊した日本経済が若者の生活や意識に深刻な影響を与えていると論じた。


 日本の国内総生産(GDP)は今年4月―6月期、1年3か月ぶりにプラス成長に転じ、日本経済はようやく最悪期から脱することができた。だが、実際の生活はどうか。年金は巨額な赤字を抱え、失業率は依然高いまま。記事は、20代の若者にとって「日本経済の復興」は単なる幻想に過ぎないと指摘する。


 英タイムズ紙が複数の東京の一流大学で実施した調査によれば、不況の波は学生の日常生活をも直撃している。政府がどんなに明るい数字を示そうが、彼らにその実感はほとんどない。以前は常に人手が足りなかったコンビニやファーストフード店でもリストラが敢行され、地下鉄のホームレスは増える一方。レストランの味は安っぽくなり、ポテトチップスなど袋菓子の量も減った。


 自動販売機で飲み物を買うのは贅沢となり、仲間と集まる時はマクドナルドの100円コーヒーで何時間も粘る。財布の中身は現金よりも割引券が幅を利かせ、カラオケに行ってもポップコーンしか頼まない。好きな音楽はインターネットからの違法ダウンロードで聴く。CDは高くて買えないからだ。


 こうした毎日が日本の若者から国への誇りを失わせている。日本は今、かつてないほどの不満と悲壮感に覆われている、と記事は指摘した。

記事終了


 如何ですか?経済悪化による若者たちの日常の不満、悲壮感がこの国に対する誇りを失わせつつあるとの記事。記事の財布のやりくり覚えのある方も多いのでは?私も一時期そんな時もありました。

 でも、経済がこの国の誇りを失わせているという認識は、ピントがずれているように思えてなりません。若者達にこの国の誇りを失わせている本質は、他の所にあるのではなかと思います。
 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

中華思想?

中国の経済的優位ですか…


日本はかなりの円借款を中国に対して行っているようです。


日本からお金を引っ張る時は、歴史問題を前に出し、また学生などを扇動して日中問題にまで発展させるよう政略を打っているように思えます。

本質がづれているのではというのは、確かに現在、民主主義・資本主義が主流ですが国の誇りとはその国の経済が豊かだから国に誇りをもつという視点がはたして正しのか疑問に思ったからです。


経済的優位だけを考えるのであれば、UAEやアジアではブルネイという国のほうが国民一人当たりの収入は高いと思います。

この記事について

この題名とは全く正反対の記事の内容ですね。
この記事の裏は、中国が日本より経済的に優位に立ちたいという民族意識で日本を劣勢にしたいという心理に基づいた記事です。
ですので、決して心配しているのではありません。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR