FC2ブログ

まず隗より始めよ

あえて、これを「歴史」ではなく、「生き方」に載せました。
「まず隗より始めよ」
今では、「できることから始めなさい」とか「言い出した者から始めなさい」とかの意味で多く用いられている言葉です。

しかしながら、これは 昔 中国の燕という国に実際に居た人の事です。
名は「郭隗」といい、燕の昭王の宰相を務めた人物です。
かれは、「自分のようなこんな人間を重く用いれば必ず賢者が多くこの国に集まるでしょう。」と昭王に説き、事実その後国を救う楽毅等の有能な人物が来る事になります。

ここで注目してもらいたいのは、この部分ではなく実際この郭隗が人物を見極める能力があったことです。
単純にこれを聞いて人材が集まってきたわけではなく、その人物を見極め有能と思えば採用した事(歴史に埋もれてしまいがちな話)が最大の功績といえるでしょう。

日本で言えば、最近では吉田茂ではないでしょうか。
たとえ有能な人材が集まってきたとしても、宰相等人の上に立つ者は、この能力が無ければ全てを失うことも多々あります。

「水はよく舟を浮かべるが、覆す事もある。」です。

それでは、どうやって人を見抜く力を持つ事ができるようになるのでしょうか?


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

統率

最近、部活の事で監督と「統率」を題材に話す事があります。

子供達の心理的な向上を図るにはどのようにしたら良いかという事です。


人を使って物事を成すには、まずは動く事から始まりますね。

その人の能力を見抜くのは難しいかもしれませんが、性格がわかれば少しはその判断材料になるのかもしれません。

例えば、その人の言動がその基準になる事が多いのではないでしょうか。
その行動の仕方や方法も、その判断基準になると思います。

人の上に立つにはその人の才能を見抜く能力も必要ですが、それを会得するにはそれなりの経験、努力、苦労、忍耐が伴うものだと思います。

人の心理や言動の裏をある程度正確に読む事が出来るようになれば、人を動かすという点においては役立つのではないでしょうか。
その人が何を求めていて、何が問題で、何を言いたいのかを正確に掴む事です。

優秀な人材が集めるのには、集める人の人徳も当然必要になってくると思います。

いい意味での「いいかげんさ」が大変重要になると思います。

レッドオクトーバーを終え

人の力を見抜く能力ですか…。
『目は口ほどにものを言う』と言う所で、目はよく見るようにしてますねぇ。大体判るちゃあ判る…けどここに感情を全く出さない方もいますからねぇ。人を判断する上での方法の一つではありますかねぇ。
もう一つは、題して『潜水艦の法則』。
何かっつうと、潜水艦は廻りが見えない訳で、ソナービーコンっていう爆音を打って、音の響き(跳ね返り)で廻りの敵や地形を確認するんですが、この時、敵の位置がわかると同時に自分の位置もアナウンスしてしまう……と、まぁここからの一瞬の判断が勝負の分かれ目になるんですが…。で、何が言いたいかと言いますと、相手の心は見えないので、包み隠さず自分の素の心の叫びを打ち付けてやる事で、相手の心の響きを聞く…という法則と言うことでした。まぁ、裸になって呑もう!と言う事でもありますかね。

っても、どちらも個々の能力まで見極められるか、っというと微妙ですがねぇ。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR