FC2ブログ

おらが村の誇り 地域経済の活性化はなるのでしょうか?

民主党に政権が変わりまして、地方分権について見直しがされております。
総務大臣の原口一博先生は、大阪府知事の橋下徹先生や他の先生方と協議をしながら現在国に集中している予算を地方へ配分する流れを作ろうとされています。


都心以外の地域では、人口が減少し、若い人(働き手)も減り、地方自治体の予算が減少し、悪化しているところでは年配者が安心して行ける医療施設も閉鎖に追い込まれているようです。


はたして、今回の政権交代によって各地方に国から予算が今まで以上まわった場合、その予算を生かすことはできるのでしょうか?


例えば、流通業界でいえば全国各地に大手スーパー(イオン:マックスバリューやダイエーなど)があり、地域の良い意味での差がなくなりつつあると思います。


村おこしで、何か新しい商品や地域特産の物品を販売しようとしても成功しているのは一部だけ…



「温故知新」ではありませんが…



江戸時代は日本全国に約300藩(今でいう県や市町村)あり、その藩の境には関所が設けられ行き来が制限されておりました。
よって他藩のものを勝手に扱うことができないので、それぞれの藩は地域の特性を生かしたものを生産し、一度江戸や特に大坂へ運搬し藩の経営を成り立たせていました。


米沢藩(山形県米沢市)中興の祖 上杉鷹山(ようざん)は、悪化していた藩の経営を殖産興業や武士の農業従事化など様々な案を生かし、藩の経営を立て直しした人で有名です。


他にも山田方谷(ほうこく)や二宮尊徳(金次郎)など、武士階級(行政でいえば公務員)でない人が様々なやり方で実績を残しております。


このような、地域経済の活性化はいち地方自治体やいち企業にとどまらず日本全国へも発展させていけるかもしれません。


しかし、残念ながら心から互いに協力して地域活性化の為に尽力しようとしているところは少ないように思われます。


なぜなら、歴史上に名を残した先のような人々には必ずその人を応援したり協力したりする人々がいて、その人が窮地に立たされても見捨てず力となり応援したらかに他なりません。だからこそ結果がでたのではないでしょうか?


地域経済を活性化するには、予算の生かし方や商売の方法を検討する以前に、本当に市や町や村の人達で協力してできるかどうかが鍵となっていると思います。


それにはどこにも負けない「おらが村の誇り」と郷土愛が必要なのではないでしょうか?


また、このことは企業にも言えることではないでしょうか?
何故なら、コンプライアンスとい言葉に代表されるように会社の社会的信用が問われています。以前はこのような言葉は注目されていませんでした。
自分が勤める会社が好きであればその会社に恥をかかせるようなことはしないはずです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ハングリー精神

M様

「are you hungry?」


一時期、日清カップヌードルのコマーシャル、ハウンドドッグの【ffフォルティシモ】のバックミュージックが流れて出てきた言葉。


今の時代にもう一度やってくれないかな~と思います。
日本が全体的に落ち込んでいる状況をむかえている現状を正面から見ず、誰かがやってくれるからという認識の人は多いと思います。


あるアメリカの国務次官がこんな言葉を残されております。


「自分の力で国を救おうとする国は救われる」


大東亜戦争後、上記のような志を持った先輩たちがたくさんおりましたが(本田宗一郎、松下幸之助、吉田茂などなど…)今はどうでしょうか?

また、そのような教育もなされていない現状に子供達はもっとひどい認識で大人になって、この国を支えていくことなんてできるのだろうか…


ますます危機を感じずにはいられません。


ちなみに行政はどこも同じなのか、富士の麓のある村もMさんが経験された「事なかれ主義」に該当して、まったく村のことを思っておりません。

国内の空洞化

じゃぱん様

日本国内の空洞化が言われ始めてから、結構時間が経ちました。

中小企業に所属した高い技術を持った職人さんたちが日本では食べていけなかったり、もっと収入を上げようと外国に行かれていることを以前テレビ特集をやってました。

中国に行かれる方が多いようです。

これも、アメリカ的経営手法を取り入れ、自らが苦しむ大手企業の体質なのでしょうか?

以前、NHKで技術立国にっぽんという番組をやっておりました。私は理系でしたのでその番組を見て日本ってやっぱり凄いな~と感動した若いころを思い出しますが、今はその神話も崩れてしまっているように思えてなりません。


日本は、以前の世界第2位の経済大国という認識から脱却できず、足元が見えていないように思えてなりません。


ちなみに、GDP(国内総生産)はもうすぐ中国に抜かれます。

使命

何のためにそこにいる?
何をすることで録を食む?
地方で暮らす者ですが、地方官僚の勉強不足と事なかれ主義は「天を仰ぐしかない」時もしばしばです。新たな事を成す時一番の障害はその「事なかれ」です。「東京と同じことをしても浮かばれない」とぼやいてみせた彼は「上級官庁に聞かないと答えられません」ですと。
また、平均的な民間企業の会社員の教育不足もまた笑えません。「優秀な人材は東京に行ってしまい人材が集まらない」と嘆いたあなたの社員はアポの時間に20分遅れで「場所が分からない」と悪びれたところがない。彼は大物なのか。あなたは部下に何を教えているのか。
仕事が好きではないのだろうか。
そもそも何のためにそこにいるのだろうか。
明治維新を成し遂げたDNAは日本人に残っているのだろうか。

地産地消

こんな言葉も聴かれます。
地方の活性化が行なわれないのももっとも、もっとひどいのが、日本以外で物つくって、日本以外で売ろうという。
これでは、ものづくり産業も日本から消え、技術・人・物が日本から流出あげくの果てがすっからかんの日本になってしまう。
メーカーをキチンと導くのが国政ではないのか? 確固たる信念を持って国の道筋をたてるべきではないか?

教育も大切ですね

やまとさま

いまの学生も道を見つけられないようですね。

そういう私もそうでしたが…

一言でいうと、志でしょうか。

村おこしや、何か立ち上げようとするとき、昔は、大義名分・錦の御旗を掲げて、そこに賛同した人達が協力しあいながらすすめていたことが、多くの歴史書に残されています。

既に浸透している

give and take という言葉は、この場合当てはまらないかも知れません。


「志」という言葉、字が教えてくれているように、こころの上に士を立てる。

地域や国というものがどのようなものかを心で学ぶことが出来たら、士を立てられるのかな~て思います。

企業人について

現在、就職活動中の大学生や高校生から色々な相談を受ける事が増えてきました。○○の仕事をしたいというのが多いのですが、その仕事を通じて何を表現し実現し貢献して行きたいという相談は殆どありません。
大変残念な事であります。

現在の教育では「生き方」や「生き様」に関す事を教えなくなってしまいただの「知識」の教育になってしまった弊害があるようです。

企業も、利益重視の経営や運営となり、愛社精神は二の次なっている現状があります。これは大手企業でも中小企業でも同様の事が起きており、若い人達の人としての教育が今後の鍵となっています。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR