FC2ブログ

天災は人災

最近、各地で地震が起きています。地震は皆「天災」という事を言っていますが、果たしてただの自然現象でしょうか?
昔、井上成美 という政治家が大正の関東大震災が起こったときに、「国民が海水浴だとか、浮かれた生活をしているから、これは天罰である。」と、言われました。
ポンペイはどうであったか?その他文明が滅ぶ前がどうであったか?

今こそ、天災が訪れる前の人間の生き方を分析し、真剣に考えなければならないのではないでしょうか? 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

tsunami

「tunami」は日本語の津波がそのまま英語になったとか。

北海道南西沖地震で奥尻島を襲った津波は、高さ約30メートルにもなったそうです。

「備えあれば憂いなし」と言いますが、想像以上の災害はいかんともしがたいものです。

副振動

副振動…ふくしんどう 

あまり聞きなれない言葉でした。

数日前yahooのニュースに小さく載っていました。
海の波が重なって被害をもたらすような…

自然の災害にもいろいろあるようです。

国破れて山河あり

国破れて山河在あり

城春しろはるにして草木深そうもくふかし

時に感じては花にも涙を濺そそぎ

別れを恨うらんでは鳥にも心を驚おどろかす

烽火三月ほうかさんげつに連なり

家書万金かしょばんきんに抵あたる

白頭掻はくとうかけば更に短かく

渾すべて簪しんに勝たえざらんと欲ほっす


【訳】
長安の都は戦乱のために破壊されてしまったが、自然の山や川は昔のまゝ残っている。

城には相変わらず春が訪れて来たが,草木が生い茂っているのみで もの悲しい。

こんな時世には、花を見ても、楽しい筈なのにかえって涙ぐんでしまい、心をなごませてくれる筈の小鳥のさえずりにも(警戒心から)心を驚かすのである。

戦火は三か月ものあいだ続き、家族からの手紙は、なかなか届かず、万金にも値するほど嬉しい。

自分のしらが頭をかくと、心労のためか髪の毛も短くなってしまい、冠をとめるかんざしさえも挿せないほどになってしまった。


今の日本は「国破れて山河なし」に近付きつつあります。人は自然なくては生きてはいけないことを中国の詩人・杜甫も伝えています。

でもちょっと難しい…

Unknown

今、ポンペイ展が横浜美術館で行われております。とても煌びやかな文明がはびこっていたことがうかがえます。
今の日本も装飾品にうずもれて生活している事から、ポンペイの二の前を踏むことを恐れています。
文明が栄えたところ滅ぶは「歴史の鉄則」じゃないですか。
今われわれが何を求めなければいけないかを真剣に考える必要があるでしょう。

人災も…

日本にはダムが沢山ありますが、ダムによる人災も多くあるようです。

ダムに沈まなかった地域では、ゆっくりとした地崩れが発生し、家が傾いているとか…

そういえば、大雨で山が崩れて民家が埋もれてしまう災害が昨今多くなったような。

ゲリラ豪雨

去年の夏はゲリラ豪雨が都心を襲いました。

短時間で集中的に降る雨は排水の許容範囲を越えて、災害になっておりました。
未だにその原因は解明されていないようです。
都心の高層ビルが原因だとも言われています。

また、ゲリラ豪雨の予測はまだ出来ないようです。

天然自然の脅威を私達は、忘れているのかもしれません。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR