FC2ブログ

バカな日本国民 バカなマスコミ?

バカな日本国民 バカなマスコミ?


ここ最近の中国の横暴は遺憾ですが、そこにロシアが参加しました。
その記事を掲載します。



【産経新聞】9月28日

 中国国営新華社通信などによると、中国の胡錦濤国家主席は27日、北京の人民大会堂でロシアのメドベージェフ大統領と会談し、両国の戦略的協力関係を新たな段階に深化させることで一致、第二次大戦終戦65周年に関する共同声明に署名した。中露首脳の会談は今年に入ってこれで5度目。


 クレムリンの発表によると、大戦終結65周年に関する共同声明では、「ロシアと中国が第二次大戦の結果と教訓について、近い立場から評価しており、その歴史を捏造(ねつぞう)する試みや、ナチス党員および共謀者の英雄化を非難している」という。
中露両国は対日史観でも連携を強化させ、尖閣諸島や北方領土の領有権の正当化に利用したい考えとみられる。
(記事終わり)



『第二次世界大戦の結果と教訓について、その歴史を捏造(ねつぞう)する試みや、
ナチス党員および共謀者の英雄化を非難している』



ナチスのことはよく分りませんが…


第二次世界大戦の歴史の捏造とは


連合国側(特に中国)は、南京大虐殺をでっちあげた。


●ロシア(当時のソ連)は、日ソ中立不可侵条約を一方的に破棄し、満州や北方領土に攻め入り多くの民間人を殺した。
 非戦闘員の生命財産を破壊するというのは、明らかな国際法違反。


●ロシア(当時のソ連)はポツダム宣言を無視し、終戦後多くの日本兵を捕虜とし強制労働させ殺した。
 これは武装解除した日本兵の家庭への復帰を保証したポツダム宣言に背いた違法行為である。


●当時、中国の便衣兵(市民と同じ服を着て、日本兵を襲うゲリラ)戦法が国際法違反であったが東京裁判に於いて、弁護側がこの状況をうったえたが連合国側は追求しなかった。



このような歴史の捏造や隠された真実を中国とロシアは行っております。
中国とロシアは、引続き捏造された歴史と隠された真実をもとに日本を揺さぶるようです。



しかし、真実を知らない、または公表しない日本国民と日本のマスコミは大バカだと思います。


誤解の無いように記載しますが、決して戦争を肯定しているのではありません。
先の戦争では敵味方関係なく、多くの方がお亡くなりになりました。
同じ惨劇を繰り返すこと無いよう、正しい知識を持つ必要があると思います。


「勝てば官軍」で敗北した日本に不利な歴史観を未だに使ってくる国に対して、日本の常識で通用するような国ではないことに早く気付いてほしいです。

連合国司令長官のダグラス・マッカーサーが1951年5月にアメリカ上院の軍事外交委員会で


要約すると「大東亜戦争は防衛戦争だった」と述べています。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

平和ボケ

 おとなり韓国は北朝鮮との休戦協定ができており平和な状態かもしれないが、休戦しているだけで、終戦はしていない。
 徴兵制を行っており、いつ戦争が起きても大丈夫なように備えていて、国民が常に危機意識を持っているように思えるが、日本人は平和ボケしている。

 昔の日本人は騒がずに静観しているがそれは常に死と隣り合わせにしてからで、今の日本は騒ぐとかっこ悪いとかいうわけのわからない風潮のようだ。決して静観しているのではなく、我関せずで、だんまりしている。

 そして都合が悪くなるとすぐ政治のせいにして自分達が悪かったことを認め反省しようともしない。そんな国民に経済成長などあるわけない。

マスコミも共産化

最近のNHKなど、マスコミを見ている何だかかたよった放送をしていると思います。

Unknown

やられっぱなし。
なんで国際社会に出て、正々堂々と中国の横暴を訴えないのか。
民主党の国民が求めたのは、これまでのしがらみでがんじがらめになった内政外交を、改めること。わけのわからない中国追従を断ち切ること。
賃金が安いからと言って進出した合弁企業をあの国は人質にし、いずれは分捕るのはそこここにある話でしょう。日本企業は腰を据え、日本で世界に打って出るべき。軽薄なコスト論にはなんか嘘がありそう。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR