FC2ブログ

年俸制の落とし穴(数値で見えないもの)

年俸制の落とし穴(数値で見えないものもあるのでは…)


 ここ数十年で、年功序列の給与形態から年俸制に移行されているようですが、果たして成果主義(年俸制だけが成果主義とは思いませんが)だけで企業は利益を上げることが出来るのでしょうか?

 民間調査機関「労務行政研究所」によると、2001年から3年ごとに実施した調査の結果、年俸制を導入している企業は約3割になるそうです。
そのうち年俸制を管理職に限定している企業は62%で、全社員に適用している企業は15%あるそうです。


 企業では個人または組織でその成果を数値に現して評価をする傾向があると思いますが、大きな落とし穴があるように思えてなりません。
ある方に、「目に見えない形で会社の役に立っていることを見抜くには、それ以上の苦労をしないと分らない」とお聞きした事があります。


日本電産の永守重信社長は、以前テレビ東京の番組「カリビアン宮殿」の中で次のような言葉を言っておりました。


「今の若い人たちは苦労に向かおうとしない。これからの時代は苦労に立ち向う人が会社を引っ張っていくだろう」

また次のような言葉も

工場の中で、誰が見ても一目瞭然の工具の置き方を工夫している社員がいました。それを見て「この人は仕事ができる」と永守社長は言っておられました。

昔からの言葉で
「若いうちは、苦労は買ってでもしろ」「整理整頓」という言葉がありますが、この言葉を大切にまた実行できたら何か掴めるのではと思います。

すぐに結果が出なくても…

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

会社は何で成り立っているのか

どんなに技術が進歩しても、それを使うのは人です。人を評価するというのは大変難しいと思いますが、教科書で押しつけるように枠にはまったことをやっていても、新しいものは生み出せないと思います。

ところで、三井物産の社是ってなんだっけな~?

三井物産

KPIというのはKEY PERFORMANCE INDEXというもので、成果を数値で表す指標です。 三井物産は以前成果主義を通し問題があったときいてます。しかし、数年前にこの(特に営業の)数値目標をなくした時点から年間約20%の売り上げ増を記録し続けました。
彼ら曰く「良い仕事をすることを評価する」方針に切り替えたとか。。。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR